ブリック(Brick)

「レゴの作り方」と「レゴの商品紹介」をしています。おもに「レゴクラシック 10698」のセットで、オリジナルのレゴを作っています。

レゴシティの「北極探検 スノーモービル 60376」のいろいろな写真を撮ったので、写真と一緒に紹介します! 〜つくってみた感想〜

f:id:yamato_blog:20230711192328j:image
レゴシティの「北極探検 スノーモービル 60376」を作ったので、紹介していきます!

このセットは5歳以上向けのレゴなので、大きなパーツが多くて簡単に作れました。

使ったパーツは80ピースだったので、10分くらいですぐに作れました!

このセットの特徴は↓

  • 2パターンの表情に、変えれる探検家のミニフィギュア
  • 探検家らしいリュックサックに、フィルムカメラ
  • フィルカメラを載せて、どこでも行けるスノーモービル
  • 氷の上で遊ぶアザラシの親子

いろいろな写真を撮ったので、写真と一緒に紹介していきます!

「表情を変えれる探検家のミニフィギュア」と「探検家らしいリュックサック」

f:id:yamato_blog:20230711192325j:image
リュックサックに、オレンジの服を着た探検家のミニフィギュアです!

帽子を取ることで、ヘルメットに変えれます。

スノーモービルを乗るときはヘルメット、降りたら帽子にして変えて遊べますね!

2パターンの表情があるので、頭を反対につけることで変えれます。

表情を変えれるのは、嬉しいですね。
f:id:yamato_blog:20230711192337j:image
背中には、探検家らしいリュックサックを背負っています!探検家なので、マットが外付けされていますね。

探検家らしいリュックサックなので、探検している雰囲気が出ていていいですね!

「三脚付きフィルムカメラ」と「立って乗るスノーモービル」

f:id:yamato_blog:20230711192331j:image
大きなレンズに、三脚が付いているフィルムカメラです。

ミニチュアカメラみたいに、クオリティが高くてお気に入りです!
f:id:yamato_blog:20230711192334j:image
探検家のミニフィギュアを乗せれるスノーモービルです。

座って乗せることは出来ないですが、立って乗せることは出来ます!

どこでも写真が撮れるように、後ろにフィルムカメラを載せれるようになっています。

まんまるの目がカワイイ、アザラシの親子

f:id:yamato_blog:20230711192319j:image
ホワイトの子どものアザラシと、グレーの親アザラシです。

海の上に浮かぶ氷の上で、アザラシの親子がいますね。

氷の滑り台で、子供のアザラシが遊んでいます。まんまるの目がカワイイです。

これで、レゴシティの「北極探検 スノーモービル 60376」の紹介を終わります。

このブログを読んで「欲しいなぁ」「作ってみたいなぁ」と少しでも思ってくれた方は、こちら↓