ブリック(Brick)

「レゴの作り方」と「レゴの商品紹介」をしています。おもに「レゴクラシック 10698」のセットで、オリジナルのレゴを作っています。

レゴクラシック 10698 のセットで作った「プロペラ機」の作り方を紹介!

この記事では、レゴクラシック 10698 のセットで作った「プロペラ機」の作り方を紹介しています。

文字がまだ読めない「子供から大人まで誰でも」作れるように工夫しています↓

  • 番号をつけているので、作る順番がわかる
  • 写真は「大きく、見やすい」
  • 写真だけで作り方がわかる

では、レゴで「プロペラ機」を作っていきましょう!

このレゴは、56個のブロックで作っています。完成すると、こんな感じになります↓

使用したレゴセットです↓

レゴクラシック 10698 について「もっと詳しく知りたい!」という方に向けた記事を書いています↓

brick-ideas.com

「プロペラ機」の作り方 (1〜19)

「①主翼」「②尾翼、プロペラ」の2つに分けて作っていきます。

①主翼 (1〜7)

「主翼」を作っていきます。完成イメージです↓

②尾翼、プロペラ (8〜19)

「尾翼、プロペラ」を作っていきます。完成イメージです↓

「プロペラ機」の完成です!

レゴ公式「消防レスキュー飛行機」が登場しています!

レゴ シティ 消防レスキュー飛行機 60413

ブロック数は、478ピースです。消防士のミニフィギュア3体、飛行機、火災現場が入っています。

扉の開く貨物庫、水パーツを飛ばすランチャー、森林火災を再現したセットがあります。コックピットは2人乗れます!

気になった方は、下の画像をクリック(レゴ公式ストア)↓