ブリック(Brick)

「レゴの作り方」と「レゴの商品紹介」をしています。おもに「レゴクラシック 10698」のセットで、オリジナルのレゴを作っています。

LEGO クラシックで9つの作品をつくってみた

 

子供の頃からレゴが好きで、少し前からまたレゴを作り始めました。今回、紹介するレゴクラシックは、自分で考えて好きなように色んなものを作ることが出来ます。

 

動物を作ったり、車を作ったり、家を作ったりと工夫すればなんでも作れます。少し前に、オリジナルでサンタさんとクリスマスツリーを作りました。

 

前回の記事では、「LEGO クラシック 10717」で「電話・レコードプレーヤー・飛行機・カエル・ゾウの親子」の5つを作りました。

 

yamato-blog.hatenadiary.com

 

 

LEGO クラシック 10698」とは?

今回は、「LEGO クラシック 10698」を使って9つのレゴを作りました。この「LEGO クラシック 10698」は、790個のレゴが入っています。

 

33色のレゴ、タイヤ・ドア・窓などの特殊なパーツが入っています。レゴを収納するための縦17.5cm、横35cm、高さ24cmの黄色のプラスチック製の収納ボックがついてます。

 

 

作る物の例として「カメラ・ショベルカー・スクーター・カエル・ツル・クマ・お城・ビル・家」の9つの作り方の説明書が入ってます。

 

説明書は、カラー付きの絵で描いてるのでとても分かりやすいです。どれも10分くらいで作れるので、レゴをしたことがない人でも楽しく作れると思います。

 

9つのレゴをつくってみた

カメラと乗り物のレゴ

 

 一眼レフカメラ

 

2 ショベルカーと土

 

 スクーター

 

タイヤのパーツには「スクーター」に使ってる大きいタイヤ、「ショベルカー」に使ってる小さいタイヤなど色々なサイズのタイヤのパーツがあります。

 

動物のレゴ

 

 カエル

 

 ツル

 

 クマとプレゼントボックス

 

動物に使ってる目のパーツには、色々な表情の目のパーツがあります。

 

建物のレゴ

 

 お城の門

 

8 ビルとお店

 

 庭付きの家

 

家などに使っている窓ガラスの部分には、透明なパーツが入ってます。緑色の大きな平べったいパーツもあります。

 

まとめ

初めてレゴクラシックシリーズを買う時は、今回の「LEGO クラシック 10698」がおすすめです。790個のレゴが入ってますし、収納ボックスもついてるので片付けが楽です。

 

何を作ったらいいのか分からなくても、今回つくった9つのレゴを買った日からすぐに作れます。それをアレンジしてみたり、参考にすると作りたい物が見つかると思います。

 

作ってるうちにレゴが足りなくなってくると思います。その時に買い足すのもいいですが、あるレゴだけで工夫して作るのも楽しいですよ。